人気“イケメン”プロレス団体とホリプロが積極コラボへ

(左から)琴香選手、B×Bハルク選手、YAMATO選手と326(左から3番目) (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

(左から)琴香選手、B×Bハルク選手、YAMATO選手と326(左から3番目) (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 イケメン揃いで人気プロレス団体・DRAGON GATE(ドラゴンゲート)に所属するB×Bハルク、琴香、YAMATOの3選手 が、大手芸能プロ・ホリプロとマネージメント契約を結ぶことになり10日、東京・後楽園ホールで会見を行った。同事務所は3選手を“所属タレント”とし、テレビ、舞台、ドラマ、映画などあらゆる方面での展開を積極的に考えているという。B×Bハルクは「歌って踊れて演技のできるレスラーになれるチャンスだと思う!」とあいさつし、現在20歳の琴香は「和田アキ子さんと是非ご一緒したい」とリング参戦を熱望した。

 現在、ホリプロには元プロ野球選手の岩本勉や元バレーボール選手の大林素子らアスリート経験者とマネージメント契約する部署が存在する。そんななか同事務所は、スピード感溢れる試合を展開し、所属選手が本拠地の関西でタレントとしてテレビ番組出演を果たしている同団体に1年前より着目してきた。今回、関係者によって本業と共に多角的に展開することが可能と判断されたB×Bハルク、琴香、YAMATOとマネージメント契約を締結し、今後は同団体主催のイベントでの協力も行っていく予定だ。

 あどけない顔を武器に、大阪・ABCテレビ『おはよう朝日です』へ準レギュラー出演する琴香選手は「まだまだチャレンジしたいことはある。これを機に、団体の名前の知名度も高めていきたい」と意気込む。YAMATO選手も「見せるものに関しては、絶対の自信がある。(タレント活動で)見に来て頂けるいい契機になれば」と話した。

 この日は、ポップアーティストの326(ミツル)が作詞した公式応援歌『願い星〜SSS〜スモールスターズソング』も発表された。応援歌の作詞とジャケットイラストを担当した326は「今話題のAKB48だって、まずは秋葉原でファンとコミュニケーションを取り、根付いてから爆発的な人気へとつながった。この団体もきっかけがあれば、AKB48のようにワッと広がる熱を持っている。“目指せ!AKB48”ですね」と話し、プロレス団体の新たなモデルとして成功することを祈っていた。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について