中谷美紀が8年ぶりドラマ主演!! 夫婦問題カウンセラー

主演を務める中谷美紀  [拡大する]

主演を務める中谷美紀 

■その他の写真ニュースはこちら

 女優・中谷美紀がスペシャルドラマ『夫婦の理想と現実―妻に今すぐ出て行って!と言われたら―(仮)』(日本テレビ系 6月30日・後9時)で、約8年ぶりにテレビドラマで単独主演を果たすことが25日、わかった。『嫌われ松子の一生』『スイートリトルライズ』など映画主演作は数多いものの、ドラマでは2002年の連続ドラマ『恋愛偏差値』(フジテレビ系)以来の中谷。今作では、離婚の危機にある夫婦を幸福に導く“夫婦問題カウンセラー”の主人公・渡辺貴美子を熱演する。“婚活”ブームと呼ばれて久しいなか、2分に1組の割合で離婚する大離婚時代でもある昨今。新たな役どころで新境地に挑む。

 今作は、マリッジ・カウンセラーの吉池安恵の著書『妻に“今すぐ出て行って!”と言われたら』(PHP出版)が原作。ちょっとおせっかいだがエネルギッシュな夫婦問題専門のカウンセラーが、その診療・治療能力を駆使して悩める夫婦たちを幸せに導く、社会派エンターテイメントとなっている。

 主人公の夫婦問題カウンセラー・貴美子は、こうと思い込んだらまっしぐらに突き進む、直情径行タイプで、そのために離婚歴が2回あるバツ2。だが、その経験からこの仕事に就いている。心理療法士でもある彼女が、持ちまえのエネルギッシュな性格と、診療治療を駆使し、クライアント夫婦の心の闇に迫り、幸せの方向へと導いていく。

 相談に訪れる夫婦は、夫によるモラルハラスメントに悩む妻、DVを振るう妻に悩む夫、結婚30年目に夫から突然離婚を切り出される3組。貴美子がそれぞれの夫婦の本心に迫り、本当の幸せが得られる方法を見つけ出していく。

 物語は、貴美子が財務省勤務のキャリアの妻から相談を受け、夫婦の間のモラル・ハラスメントを見抜く。夫は、対外的には常識があり、人当たりもいいが家庭内では、マザコンで、料理は実母のレシピ通りに作らせ、妻にお茶を汲ませてはその温度に難癖をつけるなど、屈折していた。また、小心者の夫に対し、抑えきれない暴力衝動を抱いて殴り、そのあと後悔する妻に貴美子はその心理の真相に迫る。さらに、浮気を疑う妻から離婚を告げられる銀行マンらの相談を貴美子は、互いの存在を見つめなおす「内観法」を伝授する。



ドラマからバラエティまでの情報が満載!「日本テレビ」関連ニュース記事一覧

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について