松たか子、映画『告白』撮影中に原作者と同じタイミングで鼻血

松たか子 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

松たか子 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 女優の松たか子が19日、都内で行われた映画『告白』の完成記者会見で撮影中の鼻血体験を“告白”した。共演の岡田将生木村佳乃らと配布されたフリップにそれぞれの“衝撃の告白”を記入。松は「出血II」と記すと「原作者の湊(かなえ)さんが、序盤の教室シーンの執筆中に鼻血を出されたみたいで。そしたら私も、同じシーンの撮影中に鼻血を出してしまったので“出血II”。あのシーンでは鼻血が出ますね」と顔を少し赤面させた。

 同作は、教師の森口(松)が、ある日のホームルームで突然、生徒たちの前でする衝撃の告白で始まる。立場や目線によって異なる登場人物それぞれの「告白」による予想外の展開の末、たどり着く衝撃的なラストが話題を呼び、昨年の『本屋大賞』を受賞した。

 見当違いな方向へ進む熱血教師“ウェルテル”を演じる岡田は「原作は前から読んでいたので、最初この話を聞いた時、“あっ中学生役だ!”と思ったら先生役でした」と初の教師役に挑戦。メガホンを執る中島哲也監督に対し「この若造を選んでくれて、ありがとうございます」と感謝を述べた。

 過保護で息子を断固疑わない母親役を演じる木村も出演依頼を即答。「監督に“どうして私に母親役を?”と尋ねたら“人を突き放したような顔をしている”と言われて。そんなこと言われたのは初めてだったので、びっくりしました」とキャスティング秘話を明かした。

 『下妻物語』『パコと魔法の絵本』などを送り出した中島監督は、今作について「嘘と真が交錯している。登場人物がいつも真実を語っているとは限らない。どこが嘘でどこが本当か、それを推理しながら観て頂ければ面白い」と説明。「(出演したら)決してイメージダウンにしかならない。好感度を気にしない、勇気ある俳優さんたちのおかげでできた映画です」とキャストを称賛していた。

 映画『告白』は、6月5日(土)より全国ロードショー。

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集




 松たか子

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について