常盤貴子&市原隼人が映画日本代表で上海万博に参加

『上海万博』に常盤貴子と市原隼人が参加 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

『上海万博』に常盤貴子と市原隼人が参加 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 女優・常盤貴子と俳優・市原隼人らが現在開催中の中国・上海万博に“映画日本代表”として乗り込むことが決定した。「上海万博JAPAN WEEK認定事業」として6月12日から19日まで開催される『第13回上海国際映画祭正式イベント「2010 上海・日本映画週間』で、映画上映と舞台あいさつなどにゲスト出演する。

 「2010 上海・日本映画週間」は、映画を通じて経済交流、観光振興、技術発展など中国と日本の国際交流の発展を目標として開催。13日に上海環球金融中心で行われるオープニングセレモニーとレセプションパーティーで、2人のほか高良健吾谷村美月、三城真一監督、国本雅広監督、沖田修一監督のゲスト全員で舞台あいさつを行うほか、各上映映画での舞台あいさつに出席する。

 上映作品は市原の主演映画『猿ロック THE MOVIE』、常磐の主演映画『引き出しの中のラブレター』、高良と谷村が出演する映画『おにいちゃんのハナビ』などのほか『隠し砦の三悪人』『人間失格』『歩いても 歩いても』『余命1か月の花嫁』『天使の恋』『南極料理人』『阿波DANCE』『釣りキチ三平』の11作品。『釣りキチ三平』はクロージング上映が予定されており、滝田洋二郎監督が登壇する。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について