中村俊輔 「FKでゴール!」 W杯に向け目標掲げる

“サムライブルー”のユニフォーム姿で登場した中村俊輔選手 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

“サムライブルー”のユニフォーム姿で登場した中村俊輔選手 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 W杯南アフリカ大会の日本代表メンバーに選ばれた中村俊輔選手が13日、東京・国立競技場で行われたアディダスの新スパイク発表イベントに参加し、デモンストレーションを行った。会場には中村選手の母校である桐光学園高校で応援メッセージが書き込まれた巨大な“スカイコミック”も登場。中村選手はワールドカップに向け「FKでゴール!」と目標を掲げた。

 中村選手は新スパイクのデザインに「イメージ的に南アフリカというか、こんな黄色いスパイクは初めて」と語りながら、「プレイスタイル的にも、もともと軽いスパイクが好きだったので、いいスパイクができたなと思います」と満足げ。また、中村選手が履いてきたスパイクのかかと部分には、歴代日本代表選手のジャージの布を使って縫われた日の丸が刺繍されており「今までの代表選手たちの気持ちが詰まったもの。DNA」とその重みをかみしめていた。そして、開催まで1カ月を切った“決戦”に向けて「難しい戦いになると思うので、このスパイクと共にベストを尽くして頑張りたいと思います」と力強く意気込みを語った。

 アディダスの新スパイク『F50 adizero』は、片足160gという軽さを実現しながら、安定性やフィット感も両立させることに成功した史上最軽量スパイク。中村選手は「とにかく軽いことに驚きました! 実際に履いてみて、足のさばきや身体のキレも早くなりましたし、シュートまで持っていく速さ、振りぬく速さなど、このスパイクは武器になると思います」と大絶賛した。W杯南アフリカ大会では中村選手のほかダビド・ビジャ選手(バレンシアCF/スペイン)、リオネル・メッシ選手(FCバルセロナ/アルゼンチン)らも着用を予定している。

 メッシ選手やビジャ選手が出演する同商品のテレビCMは23日より放送予定。翌24日より国内販売開始となる。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について