徳永えり、仲代達矢からの“誕生日ハグ”に「びっくり」感涙

温かいプレゼントに感涙する徳永えり (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

温かいプレゼントに感涙する徳永えり (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優・仲代達矢が9年ぶりに主演する映画『春との旅』のプレミア試写会が11日、都内で行われ、仲代と共演の女優・徳永えり、小林政広監督が舞台あいさつに登壇した。9日に22歳の誕生日を迎えた徳永には、仲代から花束とハグのプレゼント。「びっくりしました」と感涙をこぼした徳永は、「ポジティブな意味で私はまだまだ。焦らず、1歩1歩、引き出しを増やして仲代さんのような役者になりたい」と語り、観客の拍手を浴びた。

 昨年12月13日の誕生日に喜寿(77歳)を迎えた仲代は、徳永を「一人の女優が新しく誕生しました。スター誕生です」と盛り立て、「薄っぺらな女優にならないで、志は高く、一級を目指して」と言葉を贈った。

 同作は、仲代演じる元猟師・忠男が、孫娘・春(徳永)とともに終の住み処を求めて旅するロードムービー。仲代は「映画俳優を60年やっています。老役者がこんな素敵な映画に出演できて、幸せです」と感無量な様子で、「等身大で演じることができてよかった。この年になって夢を持って頑固に、人の迷惑も考えずに、かわいい孫まで犠牲にして生きる忠男の生き方がうらやましく思えた」と話した。

 小林監督がシナリオを書き下ろしてから8年越しで実現させた同作。昨年12月7日に始まった試写会のキャンペーンは毎回盛況で、この日も1100人収容の会場が満員となった。小林監督は「公開前にこんなに見せていいのかな、しかもタダで。それが心配」と笑わせ、観客の“口コミ”を切に願っていた。

 映画『春との旅』は22日(土)より、全国公開。

「映画」関連インタビュー バックナンバー
取れたて情報満載! 「映画」関連ニュース一覧

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について