市村正親、迷走続く政界に物申す「しっかり国を思い前向きに!」

新CMで“前向キング”に扮する市村正親  [拡大する]

新CMで“前向キング”に扮する市村正親 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の市村正親が、栄養ドリンク『エスカップ』(エスエス製薬)の新CMで、どこまでも前向きなキャラクター“前向キング”を演じる。撮影後にインタビューに応じた市村は、「前向きに生きてきたのでこういう役が回ってきたのかな」と笑顔をのぞかせるも、「今、一番前向きになってほしいのは?」という問いには「まずは政治家の方」とキッパリ。「支持率の上昇で喜怒哀楽するのではなく、しっかりと国のことを思って、前向きに仕事に取り組んでいただければと思います」と迷走を続ける日本の政界について意見した。

 市村は、名作『リチャード三世』の主人公をはじめ、様々な舞台やミュージカルで“王”を演じており、その威風堂々とした風貌から最も“前向キング”にふさわしいと、今回のCM起用となった。

 とある会議室が舞台のCMでは、乱雑に積まれた書類の前で「またやり直しか・・・」とため息をつく男性に、突如現れた前向キング(市村)が「素晴らしい!やり直しになったのではない。やり直せるのだ!」と前向きな言葉を投げかける。するとやる気がみなぎった男性は「やりましょう!」と立ち上がり、さらには同僚を励まし始める…というストーリーが展開される。

 市村は“前向キング”という役柄をすっかり気に入った様子で、「さぁ、前向きに頑張ろう!」とスタジオに入るなり気合十分。終始ハイテンションのままキャラクターを演じきり、演劇で培った力強い声量でスタッフを圧倒していた。

 『エスカップ』の新CM『前向キング−オフィス』篇、残業する男性を励ます『前向キング−工場』篇は13日より全国で放送開始。

◆オモシロ作品が続々登場!「CM」情報記事一覧

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について