ドラマ『JIN-仁-』が『橋田賞』受賞 共演の大沢&綾瀬も個人賞に輝く

大沢たかお (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

大沢たかお (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 脚本家の橋田壽賀子氏が理事長を務める橋田文化財団が、放送文化の振興および向上に大きく寄与したテレビ番組や関係者を表彰する『第18回橋田賞』の授賞式が10日、都内のホテルで行われた。同賞には昨年10〜12月に放送されたドラマ『JIN-仁-』(TBS系)と、作品の主演である大沢たかおが選ばれ、共演の綾瀬はるかも新人賞を受賞した。8年ぶりのドラマ出演で高評価を得た大沢は「楽しさ、素晴らしさ、影響力を改めて実感した。嬉しくて、感激しています」と喜び、綾瀬も「この賞を励みに精一杯頑張っていきたいと思います」と笑顔をのぞかせた。

 また、NHKドラマ『坂の上の雲』などに出演し同賞を受賞した香川照之は、橋田氏とテレビプロデューサー・石井ふく子氏らに役者としてのキャリアを歩むきっかけを与えられたということもあって「本当に(賞を)もらう資格があるのか…」と終始、恐縮しっぱなし。自身が役者経験を積む前に、石井氏の計らいで2か月間、ドラマのAD修行をしたことを明かし、「あの時は、泉ピン子さんに弁当を持って行ったり、収録が終わってからは(スタッフから)説教されたり…本当に、人生はわかりませんね」と感慨深げに語った。

 これには、同日85歳の誕生日を迎えた橋田氏も「あの坊やが、こんな立派な俳優になって…。お母様によろしくお伝えください」と、実力派俳優へと大きく成長した香川の受賞に心から嬉しそうな様子。これを受けて香川は「違う意味で泣きそうです!」とコメントしてみせ、笑いを誘っていた。

 そのほか同賞には天海祐希石坂浩二が選ばれ、作品部門では『ちい散歩』(テレビ朝日系)、『ダーウィンが来た!生きもの新伝説』(NHK)が受賞。特別賞を若尾文子、新人脚本賞佳作を石岡志勤の『ハルノヤ!』が受賞している。

今注目のドラマ情報をチェック!「ドラマ」関連ニュース記事一覧

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について