AAA宇野実彩子、「朝からルンルン」のはずが駅で転倒

AAAの宇野実彩子 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

AAAの宇野実彩子 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 人気グループAAAのメインボーカル・宇野実彩子が28日、都内の劇場で初主演映画『ランデブー』完成披露試写会の舞台あいさつに登壇し、「この日が来るのを楽しみにしていて、朝からルンルンだったのに、(最寄りの)駅のホームで派手に転んでしまった」と打ち明けた。スカート下に伸びる生足にはアザなどは見受けられなかったが、出鼻をくじかれ気分は若干落ち込み気味でも、壇上から客席を見渡すと「今、ハッピー。小さな出会いがいくつもつながって、この作品にも出会えた。すべての出会いに感謝したい」と話した。

 女優志望の主人公・谷山めぐる(宇野)が、落ちていた携帯電話を拾ったことがきっかけで事件に巻き込まれるサスペンスコメディ。謎の男に追いかけられ、走って逃げるシーンが多かった宇野は、「走るのは好きですが、遅い。めぐると同じように私も運動音痴なので、芝居する必要がなかった」と振り返った。都内の遊園地で行った撮影では、「ジェットコースターのレールの上を歩くシーンで、私だけ命綱をつけずにお芝居をした時は不安な思いをしたが、いい思い出になった」と振り返った。

 AAAとして歌う主題歌「As I an」については、「主題歌まで歌わせてもらい、自分の中で嬉しさと不安がいっぱいあったが、完成した作品を観てマッチしていると思えたので安心した。普段、歌っているような力強さや勢いより、素の私に近い、女の子らしいかわいい曲になっています」と胸を張った。

 この日の舞台あいさつには共演の川野直輝、江波戸ミロ、田山涼成、鶴見辰吾、尾崎将也監督が登壇。『結婚できない男』『特命係長・只野仁』『まっすぐな男』など、ドラマの脚本家として実績のある尾崎監督が初めてメガホンをとり、「演出ってどうやるの? というところから始まったが、今回はキャスティングがうまくいって、適材適所でいいお芝居していただいた。監督は何もしなくても映画はできる(笑)」とキャストに花を持たせた。

 同作のタイトル『ランデブー』とはフランス語で“出会い”“遭遇”の意味。鶴見は「俳優の仕事も作品ごとに出会って別れての繰り返し。尾崎監督の初監督作品に出会えて、今日のお客さんに出会うこともできた」とうまくまとめて、年長者の貫禄を見せていた。

 映画『ランデブー』は5月15日より全国順次公開。

【映画特集】
話題作が続々公開! 『2010年 GW映画特集』
「映画」関連インタビュー バックナンバー

話題の作品をチェック!「映画」関連ニュース記事一覧

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について