イモトアヤコ、橋田ドラマで女優デビュー! 草なぎの妻役に抜擢

女優デビューするイモトアヤコ  [拡大する]

女優デビューするイモトアヤコ 

■その他の写真ニュースはこちら

 “珍獣ハンター”の異名を持つお笑いタレントのイモトアヤコが、今秋5夜連続で放送されるTBS開局60周年記念の橋田寿賀子ドラマ『JAPANESE AMERICANS(仮)』で女優デビューすることがわかった。主演のSMAP草なぎ剛の妻・とも役を演じることになったイモトは「ずっとお芝居をやってみたいという気持ちがありました。自分なりに、“とも”を自分自身と照らし合わせながら、全力で演じました」と自信をのぞかせている。

 同作は100年前にアメリカに渡った日系移民である主人公・長吉(草なぎ)が、人種差別や戦争による逆境、苦悩を乗り越え行き抜く姿を描く。橋田寿賀子が自身の生涯のテーマである“戦争と平和”を通して日本人の誇り・勇気を問いかける重厚な物語となっている。

 今回、イモトは主人公・長吉と結婚し、夫を支え、献身的に家族を守っていく役どころで、泉ピン子演じる“とも”の若かりし頃を演じる。夫役を演じる草なぎは「とも役にピッタリで良い感覚で一緒に撮影させていただいています。最初の2人のお芝居は、結婚式のシーンだったのですが、初めてという感じがしませんでした。すぐ馴染んだというか」とイモトの演技に太鼓判を押す。

 また、同番組のプロデューサー・瀬戸口克陽氏は「“とも”のキャラクターを考えた時にまっさきにイモトさんの顔が浮かびました。橋田先生、福澤監督とも満場一致で“女優イモトアヤコ”として出演をお願い致しました」と出演の経緯を語る。

 同作では田舎の女子高生をイメージした太いまゆ毛におさげ髪姿で登場するイモト。世界各国で過酷なロケに挑戦するイモトにピッタリの役どころといえるが、今回は“お笑い”を一切封印し“女優モード”で勝負。果たしてどのような演技を披露してくれるのか注目だ。

◆関連ニュース ドラマTBS初挑戦

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について