佐々木希が連ドラ初主演!! 弱小相撲部の監督に就任

連ドラ初主演を果たす佐々木希  [拡大する]

連ドラ初主演を果たす佐々木希 

■その他の写真ニュースはこちら

 モデルで女優の佐々木希が、7月スタートの新ドラマ『土俵ガール!(仮)』(TBS系)で連続ドラマ初主演を果たすことが20日、わかった。廃部寸前の高校相撲部を立て直すべく、監督として奔走するという意外過ぎるキャスティングに、佐々木は「まさか自分が相撲を題材にした作品で主演をさせて頂けるとは想像もしていなかったので、ただ驚きました。皆さん、夜中にスポ根青春ものでお会いしましょう!」と戸惑いながらも気合い十分だ。

 主人公・若林光(佐々木)は、力士だった父親から男同様に育てられ、子供の頃から才能を発揮していたが、反抗心から相撲と縁を切り、過去を封印。華やかなファッションモデルとして活動していた。ところが、ひょんなことから部員1人となってしまった廃部寸前の高校相撲部を立て直すべく、監督となって奔走していく姿を描いたスポ根ドラマ。

 同番組プロデューサーは「女性的な美しさと可愛さで今まさに旬の佐々木希さんが、男臭さの極致とも言える相撲部の中で奮闘するという、“ギャップ”の面白さから広がるドラマを是非作りたく、出演をお願いしました」と起用の理由を語る。さらに、「コミカルな物語の中で、佐々木さんの熱い演技が繰り広げられることを期待しています」としている。

 また、同作に出演する男子高校相撲部員を4月22日発売の『週刊ヤングジャンプ』(集英社)誌上で募集することも決定。人気絶頂の佐々木と“ぶつかり稽古”が出来るということで、ファンならずとも注目の企画と言えそうだ。

 佐々木は女性ファッション雑誌『PINKY』のモデルとして活動し、同誌休刊に伴い2010年より『non-no』のレギュラーモデルに。08年には映画『ハンサム★スーツ』で女優デビューし、09年に映画『天使の恋』で映画初主演した。ドラマでは09年に『神の雫』(日本テレビ系)、10年『まっすぐな男』(フジテレビ系)に出演経験はあるが主演は今作が初。そのほか、バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の“グルメチキンレース・ゴチになります!11”のレギュラーや、音楽紹介番組『レコ☆HITS!』(同局系)MCなど幅広く活動している。



⇒セミヌード&制服姿も披露した初主演映画『天使の恋』もチェック!

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について