“永遠の若大将”加山雄三、デビュー50周年を1500人が祝福

デビュー50年を迎えた加山雄三  [拡大する]

デビュー50年を迎えた加山雄三 

■その他の写真ニュースはこちら

 歌手で俳優の加山雄三の『デビュー50周年を祝う会』が8日、都内で行われ、関係者ら1500人が出席した。ともにステージに立つのは「今までにないね〜」(加山)という“若大将シリーズ”のヒロイン・星由里子と登場した加山は、長年の芸能生活を振り返り「(劇中の)若大将はモテたけど、現実は厳しかったね。借金まみれで大変だった。上り坂あり、下り坂あり、ま坂(まさか)の人生。でも、充実した人生でしたね」とオヤジギャグを交えながら語り、笑いを誘っていた。

 舞台上では、星と劇中さながらのやりとりを見せるなど終始、上機嫌だった加山は、これまでの芸能生活を「奇跡に近いですね! 支えてくれた多くファンに心からお礼を申し上げたい。そして、関係者の皆さんのお力添えがあって、今こうして立ってられます」とあいさつ。会の冒頭では、発起人の1人である演歌歌手・北島三郎が「彼は友であり、時には妙なライバルだった」と、同年代として一緒に駆け抜けてきたこれまでを振り返り、「僕も来年50周年を迎える。これからも、現役でお互い頑張りましょう!」と祝福した。

 70歳を超えてもいまだ“若大将”と呼ばれることについて加山は「もう、実際には孫もいるし“爺大将”ですよ」と笑い飛ばした。健康の秘訣を聞かれると「やっぱり、体のコンディションに対して敏感になることだね。お酒をやめたり、食生活を気をつけてウォーキングしたら8kg痩せちゃったもん」と説明し、その後は、自身の往年のヒット曲を披露するとともに、森山良子、谷村新司、南こうせつさだまさしTHE ALFEEとのユニット・加山雄三とザ・ヤンチャーズとして前日に発売されたばかりの新曲「座・ロンリーハーツ親父バンド」を歌唱した。

 なお、5月26日にはデビュー50周年記念アルバム『若大将50年!』をリリースすることも同時に発表された。

【主な出席者】
石井ふく子、テリー伊藤、秋元康、加瀬邦彦ジュディ・オング中尾ミエ日野皓正、服部克久、THE ALFEE、さだまさし、谷村新司、南こうせつ、森山良子、小倉智昭TUBE石井竜也木根尚登、扇千景、坂田藤十郎、森口博子、海老名香葉子、北島三郎、和田アキ子 ※順不同

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について