チームワークはバッチリ! “座長”平岡祐太、「ドキドキ」の初舞台初主演

平岡祐太 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

平岡祐太 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の平岡祐太が18日、初舞台にして初主演を務める『相対的浮世絵』の公開ゲネプロを前に、都内で共演者の袴田吉彦西岡徳馬らとともに報道陣のインタビューに応じた。公演を目前に控え平岡は「どういう風になるのか、ドキドキ。目の前にお客さんがくるので、どれだけエネルギーを返せるか、ですね」と緊張感を逆に楽しんでいる様子。ベテランの西岡らと芝居について話し込んだというエピソードも明かし、座長としてチームワークの良さをアピールした。

 同舞台は、高校の同級生が集まる場に突如、事故で死んだと思っていた友人と弟が現れ、思い出話や悩み事を明かすにつれて、5人の男たちの秘められた過去が明らかになっていくという奇妙なヒューマンコメディ。平岡は「5人の男の心情のズレとかが“クスッ”て笑えると思う」と見どころを語りつつ「でも、稽古場で面白いことを言っても、笑いが返ってこないから心配かも」とポツリ。そんな平岡の姿に共演者の安田顕が「もう、楽しくやっちゃえばいいんだよ」と背中を押してあげるなど、現場は終始和やかな空気に包まれていた。

 稽古の様子を撮影したビデオを観賞し、演技磨きの参考にしていたという平岡は「まじめなカンパニーなんですよ。みんなで、飲みながら見ましたね」。西岡も「2時間、みんなで『あ〜だ、こ〜だ』言っていた。僕もそんなカンパニーは初めて。チームワークは自慢できるね」と、絶対的な自信をうかがわせた。

 舞台『相対的浮世絵』は今月18日(木)から28日(日)まで東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーンにて上演。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について