『3分クッキング』が11年目ぶりにアシスタント交代!新任は森麻季アナ

今年4月からアシスタントを担当する森麻季アナウンサー  [拡大する]

今年4月からアシスタントを担当する森麻季アナウンサー 

■その他の写真ニュースはこちら

 放送開始48年目に突入した日本テレビの最長寿番組『キユーピー3分クッキング』のアシスタントとして、1999年4月より11年間務めた馬場典子アナが3月27日で卒業し、4月19日から森麻季アナが担当することが8日、わかった。雑穀エキスパート、NPO日本食育インストラクターPrimaryなどの資格を持つ森アナは「私、森麻季の歴史は3分クッキングのほぼ半分、文字通りまだまだ半人前ですが、美味しそうな『香り』や『音』を一番近くで感じて楽しみながら、先生のアシスタントを務めたいと思います」と意気込んでいる。

 「世界一長い期間放送されている料理番組」としてギネスブックにも認定されている『キユーピー3分クッキング』。不況の時代を反映した昨今の“内食ブーム”で家庭料理への感心度が高まっている中、番組の料理初心者でも美味しくできるレシピは再び注目を集めている。

 これまでにアシスタントは、徳光和夫、山本園子、斉木かおり、山王丸和恵らが担当。山本は19年間務め、馬場アナの11年間は、番組歴代2位となっている。現在、馬場アナと隔週交代で出演している高橋雄一アナは今後も出演する。

 森アナは、2003年日本テレビ入社。『ニュース朝いち430』『ザ!情報ツウ』『THE・サンデー』などに出演。現在は、『NNNNewsリアルタイム』のサブキャスターを担当。しっかりしたアンカー技術により、若手アナの中でも男女問わず幅広い年代層から支持されている正統派アナとして知られている。

⇒前任の馬場典子アナウンサーの写真をチェック!


◆関連ニュース 日本テレビ|アナウンサー


 テーマ曲「おもちゃの兵隊のマーチ」

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について