西田敏行、新番組で“泣き虫キャラ”返上へ! 「泣くなと厳命されている」

西田敏行 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

西田敏行 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の西田敏行が3日、東京・渋谷のNHKで新番組『こころの遺伝子』の会見に出席した。毎週登場するゲストの“運命の人”を番組独自に掘り出して生きるヒントを届けていく同番組の初回に、映画『釣りバカ日誌』シリーズで20年来の“相棒”だった俳優・三國連太郎を迎えた西田は、三國に対する思いを熱弁。また、他局の番組で自身が“泣き虫局長”として知られることから「(関係者からは)泣くなと厳命されている。今日も何度かこらえましたよ」と明かし、報道陣を笑わせた。

 三國がこの日の収録を「楽しかったというより、洗いざらい話をした感じでした」と振り返る一方、西田は「こんなに優しい三國さんの顔は見たことがなかった。話を聞いて、やっぱり(何事も)最初が肝心なんだと痛切に感じましたね」と感慨深げにコメント。また、番組のテーマにも触れ「後から考えてみたら、三國さんとは出会うべくして出会ったんだなぁと思った。運命としかいいようのない時間の流れを感じました」と語った。

 また西田は、当初こそ中途半端な内容では「今後、やりにくくなるのでは?」と不安を感じていたものの、VTRや取材の内容に感動したようで「今の時代にあえて逆行するような…なかなか熱い志の番組になっていると思います」と太鼓判を押していた。

 『こころの遺伝子』はNHK総合テレビで 3月29日(月)後10:00より放送開始。また、同番組の主題歌にアンジェラ・アキの新曲「輝く人」(4月14日発売)が起用されることも同時に発表された。


 西田敏行西田夢蔵

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について