宮根&滝クリ、異色コンビで新情報番組! 宮根はフジ系初レギュラーで遂に東京進出

宮根誠司 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

宮根誠司 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真はこちら

 関西ローカル朝のニュース番組『おはよう朝日です』(ABC)を3月で卒業し、本格的な東京進出が噂されていたフリーアナウンサー・宮根誠司が、4月18日スタートの新ニュース番組『Mr.サンデー』(フジテレビ系 日曜・後10時)の司会を滝川クリステルとの異色コンビで担当することが28日、わかった。在京キー局製作番組初のレギュラーとなる宮根は「滝川クリステルさんとご一緒できることをとても楽しみにしています。斜め45度以外の顔は見慣れていないのでしっかり見つめ合っていこうと思います」とコメント。対する滝川も「新しい番組を作っていく楽しみや不安の中で、宮根さんという、私にとってさらに未知の要素が加わり、いい意味でドキドキしております」と新番組への期待を膨らませている。

 『おはよう朝日です』(ABC)、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ・日本テレビ系列)の朝と昼の生放送帯番組を担当し、等身大の語り口と軽妙な話術で全国区の人気を獲得した宮根。『ニュースJAPAN』(フジテレビ系)キャスターを2002年10月から09年9月まで務め、以降は資生堂『TSUBAKI』のCMに出演するなど活動の幅を広げる滝川。“浪速のみのもんた”、“斜め45度のモナリザ”とそれぞれ評され、老若男女に支持されながらも、タイプのまったく異なる2人が、予想外のカップリングで新たな情報番組に挑戦する。

 同番組のチーフプロデューサー・内ヶ崎秀行氏は「宮根さんは、知らないフリをしてホンネをうまく引き出す才人だと思います。実は飾らない人柄で自然体な滝川さんと、必ずやいいコンビネーションが生まれると確信しています」と2人の起用理由を明かす。同番組で最新ニュースや旬のニュースを独自の視点から伝えていくのはもちろん、毎週スポーツ、芸術などの一芸に秀でた各界のゲストをスタジオに招いていくという。

宮根は1987年にABCに入社し、94年から『おはよう朝日です』のメーン司会を担当。04年3月で同局を退社し、フリーアナウンサーに転進。『おはよう朝日です』を続けながら、在阪民放全局でレギュラーを持つなど、関西で不動の人気を獲得した。さらに06年7月から『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)をスタートさせ、08年3月31日から全国放送となり、人気も全国区に。私生活では、2008年に8歳年下の一般女性と再婚している。

 滝川は、フランス人の父と日本人の母を持つハーフで、2000年、共同テレビに社員アナウンサーとして入社。02年10月から『ニュースJAPAN』のキャスターを担当。平行して、07年4月から『新報道プレミアA』(フジテレビ系)のキャスターも08年6月まで担当。09年9月に『ニュースJAPAN』を卒業。以降、CM出演、『第52回グラミー賞授賞式』(WOWOW)ナビゲーターなど幅広く活動している。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について