スーパー戦隊シリーズから“18体のレッド勢ぞろい”に観客大興奮!

“18体のレッド”と、炎神戦隊ゴーオンジャーの須塔美羽/ゴーオンシルバー役を務めた杉本有美(左)と、敵・ケガレシア役を務めた及川奈央(右)(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

“18体のレッド”と、炎神戦隊ゴーオンジャーの須塔美羽/ゴーオンシルバー役を務めた杉本有美(左)と、敵・ケガレシア役を務めた及川奈央(右)(C)ORICON DD inc. 

■その他の最新写真ニュースはこちら

 スーパー戦隊シリーズの劇場版『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー銀幕BANG!!』の公開初日舞台あいさつが30日、都内で行われ杉本有美及川奈央が出席した。ステージには同作に出演したシンケンレッド、ゴーオンレッドらのほかこれまで“スーパー戦隊『VS』シリーズ”に登場した18体のレッドが勢ぞろいし、その迫力に観客は大興奮。杉本もずらっと並ぶレッドたちを眺めて「ビックリです。知らない戦隊もあったりしてすごいです」と驚いたが、歴代のレッドたちも“知らない戦隊”が誰なのかと動揺を隠しきれずうろたえる場面もあり、会場を笑わせた。

 「スーパー戦隊シリーズ」の現役のヒーローと前年のヒーローが、テレビでは決して観られない夢の共演を果たすという、1996年に誕生した劇場版“スーパー戦隊『VS』シリーズ”がパワーアップした同作。2大戦隊合わせて13人の戦士たちが力を合わせて外道衆&ガイアークの悪の連合軍を相手に熱い戦いを繰り広げる。戦いの中で死んでしまい、約1年ぶりに復活した敵・ケガレシア役を務めた及川は「悪ながら皆さんに愛してもらって、復活させていただけてよかったです」と喜びを語った。

 次々と登場するレッドたちに客席からは大歓声が上がり、唯一の悪役である及川は「私1人悪。かないませんので優しくしてください…」とタジタジ。それでも「とってもかっこいいですね。迫力があります」といちファンとしてステージ上の絶景を楽しんだ。

 また炎神戦隊ゴーオンジャーの、須塔美羽/ゴーオンシルバー役を務めた杉本は、自身にとってのゴーオンジャーについて「いろんなファンの方と知り合うことができて私にとって家族みたいな、ホームみたいな存在。美羽の格好がいちばん落ち着くし、(トレードマークの)ポニーテールがいちばん好きです」と語り、ファンを喜ばせていた。

 舞台あいさつに登場した“レッド18体”は以下のとおり。

侍戦隊シンケンジャー/シンケンレッド
炎神戦隊ゴーオンジャー/ゴーオンレッド
天装戦隊ゴセイジャー/ゴセイレッド
秘密戦隊ゴレンジャー/アカレンジャー
忍者戦隊カクレンジャー/ニンジャレッド
超力戦隊オーレンジャー/オーレッド
激走戦隊カーレンジャー/レッドレーサー
電磁戦隊メガレンジャー/メガレッド
星獣戦隊ギンガマン/ギンガレッド
救急戦隊ゴーゴーファイブ/ゴーレッド
未来戦隊タイムレンジャー/タイムレッド
百獣戦隊ガオレンジャー/ガオレッド
忍風戦隊ハリケンジャー/ハリケンレッド
爆竜戦隊アバレンジャー/アバレッド
特捜戦隊デカレンジャー/デカレッド
魔法戦隊マジレンジャー/マジレッド
轟轟戦隊ボウケンジャー/ボウケンレッド
獣拳戦隊ゲキレンジャー/ゲキレッド

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について