山本裕典が声優に初挑戦、渡辺謙と声で共演も対面ならずがっかり

山本裕典 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

山本裕典 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優・山本裕典が26日、都内のスタジオでハリウッド映画『ダレン・シャン』日本語吹き替え版の公開アフレコ収録を行った。同作は俳優・渡辺謙が出演したハリウッド映画の5作目。渡辺は奇妙なサーカス団“シルク・ド・フリーク”の団長、ミスター・トール役を怪演しており、日本語吹き替えも自身が担当する。声優初挑戦となる山本は、「アフレコ収録の時に渡辺謙さんと会えると思っていたら、スタッフしかいなかった」とがっかりしたそうで、「公開までに会う機会があれば、あっちの世界(海外で仕事をすること)について少しでも話を聞けたらいいと思います」とラブコールを送っていた。

 同作は世界中で愛読されている児童文学が原作で、ダークなユーモアとファンタジーにあふれるヴァンパイアの物語。山本が吹き替えを担当する主人公のダレンは、親友のためにハーフ・ヴァンパイアとなり、闇の世界で生きていくことを決断するが、「ヴァンパイアになるには一度死ななければならない。親友のためとはいえ、僕には真似出来ない。だけど、かっこいいと思うし憧れる」と、役柄についての思いを話した。

 収録前日は「緊張して、家に引きこもっていた」という山本は、オリジナル版の映画を繰り返し6回ほど観て、「全部インプットして臨んだので、『初めてなのにこんなにタイミングがぴったりな人いないよ』と言ってもらえた」と満足げ。「自分ではない芝居に声を当てる難しさを実感しました」といいつつも、「アニメの声優とか、また吹き替えをやってみたい」と意欲的に語った。

 映画『ダレン・シャン』は3月19日(金)より全国公開。

山本裕典もランクイン! 2010年期待の俳優ランキング

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について