「芸人が生まれちゃいけない日」に生まれたダチョウ上島の悲しい性

49歳の誕生日を迎えたダチョウ倶楽部・上島竜兵 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

49歳の誕生日を迎えたダチョウ倶楽部・上島竜兵 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部上島竜兵(49)が20日、著書『人生他力本願 誰かに頼りながら生きる49の方法』の出版記念イベントを都内で行った。この日がちょうど誕生日でバースデーケーキが用意されたが、上島は「1月20日は大寒。(年間で)一番“寒い”日なんで、芸人が生まれちゃいけない日なんですよ」と自虐的。ろうそくの火を吹き消す際は、火薬の有無を確認する“悲しい性(さが)”で笑いを誘った。

 同著は、純文学の出版社として知られる河出書房新社の「ヤングアダルトシリーズ“14歳の世渡り術”」の最新刊。自身の年齢に合わせた49の世渡り術を余すことなく収録し、全国の小中高の図書室にも置かれる可能性があるという。タイトルどおり、芸能界をはじめ人生において「人のフンドシをとらないとね」と語る上島は「僕は日本一の子分肌だと思ってる。土下座するのもなんとも思わない」と他力の真髄を説いた。

 「有吉(弘行)、土田(晃之)、劇団ひとりは外せない」と“竜兵会”としてもお馴染みの所属事務所の後輩3人をはじめ、「志村(けん)さん。メインで番組持ってる人なら誰でもいいや。所(ジョージ)さんも、島田紳助さんも捨てがたいな〜。(明石家)さんまさんもな〜」といつでも懐に飛び込む準備はできている。

 報道陣から印税の使い道について聞かれると「お世話になってる周りの人に使おうかな。これって、そういう本だし」と恩返しだ。「自分1人で悩んだり、強がんなくてもいい。できなきゃできる人に頼ればいい。そういう生き方もあるってのを伝えたいな。頼りっぱなしはダメだけど、必ずタメになる」と生き抜くヒントを終始口にしていた。

旬な芸人情報がてんこもり! 「お笑い」関連記事一覧

◆発表! 2009年年間“本”ランキング

BOOK ムックビジネス書文芸・小説ノベルズライトノベル(文庫)タレント本写真集自己啓発ファッションライフスタイルダイエット・美容料理・グルメ児童書ゲーム関連本TV番組関連本コミックエッセイ

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について