ショーケン7年ぶりライブ、阿川佐和子に「パートナーになって」

初のトーク&ミニライブを行ったショーケンこと萩原健一(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

初のトーク&ミニライブを行ったショーケンこと萩原健一(C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優で歌手の萩原健一(59)が18日、都内で自身初のトーク&ミニライブ『ANGEL or DEVIL』を開催した。タレントの阿川佐和子をゲストに迎えてトークを展開した萩原は、イベント前には報道陣のインタビューに対し「阿川さんとのトークがたっぷりある。(これを機に)関係持ちたいね。彼女、知性もあるんでね。ああいう人がパートナーになってくれればいいな〜」とショーケン節を炸裂させた。

 ライブ自体も7年ぶりという萩原は「最初はトークショーって話だったんだけど、歌もってなって。俺にとっては(ライブ開催は)待望って感じじゃないけどね、歌いやすい曲もあるんでみんなで歌ってほしいね。みんなを乗せますよ〜」と意気込みは十分。今年7月には還暦を迎えるが「還暦になると初老って言われるけど、初老じゃないよ〜」と目をギラつかせた。

 ステージの見どころについて聞かれると「隠し子の萩原あーちゃんがデビューするんだよ。嬉しいことだよね」と衝撃告白。所属事務所の関係者が慌てて「違います。有滝亜紀ちゃんっていうんですけど、萩原さんを親のように思ってて、萩原さんも可愛がってる子です」とフォローすると、萩原は「ありがとう、ガハハハ!」と腹を抱えて大笑い。「不得意はしゃべること。阿川さんが何を言うのか恐いですよ」とジョーク連発で、期待をあおっていた。

 トーク&ミニライブ『ANGEL or DEVIL』は同日含め19日(火)も同所にて開催。2月13日(土)には大阪・梅田芸術劇場でも行う。


 萩原健一

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について