史上初の誌名一般公募マンガ誌のタイトルが「ITAN」に決定

■その他の写真ニュースはこちら

 講談社から3月創刊予定の新マンガ雑誌の誌名をインターネット上で公募するという史上初の試みが行われ、投票の結果、『ITAN』に決定した。15日付の公式ホームページで発表されたもので、「この誌名には『すべてが斬新で新しすぎる異端児っぷりを発揮!』『恐れはばかれる畏憚な主人公を!』『珍しすぎる異譚な世界観を!』『いつか伝説になるような偉譚な売行きを!』……なんていう想いが込められてます!!」と力説している。

 新マンガ雑誌は“想像系”という新ジャンルの確立に挑み、2009年11月30日から2010年1月8日まで、サイト上で雑誌名を公募。「ITAN」「しゃから」「ハコブネ」「阿修羅」「ミチス」「流麗奇譚」「紙とえんぴつ」などが候補として選ばれた。12月18日の中間発表では、3位が「ITAN」、2位が「紙とえんぴつ」、1位が「ハコブネ」だったものの、最終的に「ITAN」に決定した。

 また、同雑誌では読者を“外部編集者”と位置づけており、連載を希望する漫画家などのアイデアを募集しているという。3月の創刊までにどのような漫画家がラインナップされるのか、今後も目が離せないところだ。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について