原辰徳監督と菊池雄星投手、注目の2ショットが実現

原辰徳監督と菊池雄星投手の2ショットが実現 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

原辰徳監督と菊池雄星投手の2ショットが実現 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 読売巨人軍・原辰徳監督も球界の次世代を担う埼玉西武ライオンズ・菊池雄星投手に熱視線! スポーツ界で優れた成績を残した個人・団体を表彰する『第44回ビッグスポーツ賞』の表彰式が15日、都内で開催され、原監督、菊池投手、プロゴルファー・石川遼選手らアスリートが一堂に会した。写真撮影時には原監督が緊張でガチガチの菊池投手と握手を交わしてエールを送るなど、注目の2ショットも実現した。

 視聴者に対して最もエキサイティングかつ感銘を与えた個人、団体に送られる「テレビ朝日スポーツ放送大賞」は、2連覇を達成したWBC日本代表、史上最年少賞金王に輝いた石川選手、メジャーリーガーの松井秀喜選手が受賞。侍ジャパンを代表して登壇した原監督は「私にとって2009年は意義のある最高の年」と振り返り、石川選手の活躍を受けて「野球界にも素晴らしいアスリートが出てきてほしい。彼の存在がスポーツ界全体の刺激になっている」と期待を込めた。

 その想いは、菊池投手にもダイレクトに伝わったに違いない。スーパーベースボール・熱闘甲子園賞を受賞した菊池投手は、集合写真の撮影では原監督と席が隣合わせとなった。その注目度と期待の高さがうかがいしれる中、原監督は菊池投手の肩を抱きかかえ、ともに球界を支えていくゴールデンルーキーを鼓舞するかのように、言葉を交わしていた。

 MVPにあたる「ビッグスポーツ賞」は競泳の古賀淳也選手、体操の内村航平選手、フリースタイルスキーの上村愛子選手が受賞した。なおこの日発表された受賞者は以下の通り。

【JOCとの合同選考部門】
<ビッグスポーツ賞>
上村愛子(フリースタイルスキー)、古賀淳也(競泳)、内村航平(体操)

<ビッグスポーツ特別賞>
入江陵介(競泳)、尾崎好美(陸上)、村上幸史(陸上)、福見友子(柔道)、中村美里(柔道)、上野順恵(柔道)、吉田沙保里(レスリング)、西牧未央(レスリング)、鶴見虹子(体操)

<ビッグスポーツ五輪奨励賞>
ノルディック複合日本チーム

<ビッグスポーツ新人賞>
田知本遥(柔道)

【テレビ朝日独自選考部門】
<テレビ朝日スポーツ放送大賞>
WBC日本代表「侍JAPAN」、石川遼(ゴルフ)、松井秀喜(MLB)

<日本サッカー応援宣言!やべっちFC賞>
岡崎慎司(サッカー)

<サッカープロジェクト特別奨励賞>
サッカー日本代表

<水泳プロジェクト賞>
松田丈志(競泳)

<ゴルフプロジェクト賞>
宮里藍(ゴルフ)

<スーパーベースボール・熱闘甲子園賞>
菊池雄星(野球)

<フィギュアプロジェクト賞>
羽生結弦(フィギュアスケート)
村上佳菜子(フィギュアスケート)

<GetSports賞>
小宮山悟(野球)

<ワールドプロレスリング賞>
真壁刀義(プロレス)

アスリート情報満載!「スポーツ」関連ニュース一覧

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について