赤西仁、寒波ニモ負ケズ・・・ “袴ロック”ファッションで主演作ヒット祈願

■その他の写真ニュースはこちら

 人気グループ・KAT-TUN赤西仁が13日、主演映画『BANDAGE』のヒット祈願のため東京・芝公園の一角にある芝東照宮を参拝した。徳川家康公を御祭神とする同神社は、勝運の神として知られる。参道の石畳も凍りそうな寒波をよそに赤西は黒い羽織袴姿に中折れ帽を被った“袴ロック”ファッションで登場。参拝後、会見した赤西は「楽しかったです。ヒットする気がしました」と笑顔を見せた。

 同作は音楽プロデューサー・小林武史が監督・音楽・プロデュースを手がけた作品。小林監督自身がMr.ChildrenMy Little Loverで一時代を築いた90年代を舞台に、メジャーでの成功を夢見てバンドに熱い想いをぶつける若者たちの青春を描いている。

 赤西とともに“袴ロック”に挑んだ金子ノブアキは白の羽織に赤い靴、笠原秀幸は紫のスニーカーに蝶ネクタイ、さらに『BANDAGE ヒット祈願』と書かれた番傘を持参した。オーソドックスな着物で臨んだ紅一点の北乃きいは、男性キャスト3人の姿に大爆笑したそうで、「こんなユニークは感じとは・・・私もやりたかった」と残念そうに語るも、今年の抱負については「最近、お芝居が楽しくなってきた。歌も始めたし、お芝居も歌も頑張りたい」と明かした。

 そんな北乃に「歌始めたの? 知らなかった」と赤西ら男性キャストは驚き、小林監督は「水くさい…」と寂しそうな表情を浮かべる場面も。もっとも、同作のPRについては一致団結して、「男女年齢問わず多くの人に『BANDAGE』の世界観を楽しんでもらいたい」と赤西がまとめ、チームワークの良さをにじませていた。

 映画『BANDAGE』は1月16日より全国公開。

◆関連ニュース ジャニーズ映画


 北乃きい

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について