皆藤愛子、ポリープ手術から笑顔で復帰 ノドの調子は 「もうバッチリ」

ポリープ手術から復帰し、元気な姿をみせた皆藤愛子  (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

ポリープ手術から復帰し、元気な姿をみせた皆藤愛子  (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真はこちら

 フリーアナウンサーの皆藤愛子が13日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで自身が出演する『のだめオーケストラコンサートアニメ編 最終楽章 〜楽しい!オケ入門コンサート〜』の公開リハーサルを行った。12日にノドのポリープ手術から復帰したばかりの皆藤は、中学、高校で習っていたというヴァイオリンをオーケストラに混じって披露し、ノドの調子については「もうバッチリです。(声が)すごく出しやすくなりました。カラオケは禁止されていますけど」と笑いを誘い、復調をアピールした。

 人気アニメシリーズ第3弾となる『のだめカンタービレ フィナーレ』(フジテレビ系)の放送を記念して行われる同コンサートは、シリーズ初の試みとしてトークとともにオーケストラを大解剖する「楽しめるレクチャーコーナー」も登場。皆藤がヴァイオリンの腕前を披露する楽曲の指揮を務めるフジテレビ・軽部真一アナウンサーは、「初めて司会だけではなく指揮もさせてもらって。子供の頃から指揮者に強い憧れがあったので、夢が叶った」と喜んだ。

 同作は、クラシック音楽をテーマにした“変態”ピアニスト・のだめこと野田恵と“オレ様”指揮者・千秋真一のラブコメディ。千秋への想いをストレートに伝え続ける主人公・のだめについて皆藤は「私は割りと(想いを)隠しちゃうタイプなので、あぁやって表現できるのはうらやましい」。自身との共通点は「忙しくなったりすると部屋がグチャグチャになったりするところです」と語っていた。

 アニメ『のだめカンタービレ フィナーレ』はフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて14日(木)深夜24:45より放送。

◆好きなアナウンサーランキング 男性部門女性部門



CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について