世界一周中の寛平、RUNで1万キロ走破! フルマラソン237回分に「よー足がもってくれた」

マラソンでの1万キロ走破にガッツポーズを決める間寛平 (C)間寛平アースマラソン製作委員会  [拡大する]

マラソンでの1万キロ走破にガッツポーズを決める間寛平 (C)間寛平アースマラソン製作委員会 

■その他の写真ニュースはこちら

 マラソンとヨットによる世界一周「アースマラソン」でトルコを西から東へ横断中のお笑いタレント・間寛平が12月31日午後5時56分(現地時間同日午前10時56分)、アンカラ郊外のLALAHANで遂にマラソンによる1万キロを走破した。不屈のチャレンジを続けるお笑い鉄人がまさにその“足”のみで稼いだ距離は、実に42.195kmを走るフルマラソン237回分に相当。スタートから380日目、前人未到の快挙に寛平は「半分きました!!! ほんま、よー足がもってくれたなぁ〜! やっぱ、みんなの力やで! 絶対そーやって!!」と周囲への感謝を何度も口にして喜びをかみしめた。

 間寛平が、スタッフや現地サポート、沿道の人々ら多くの声援を受け大みそかを派手に迎えた。同日午後4時17分(現地時間午前9時17分=気温2℃)に年内最後のランを開始した寛平は、13.1キロを走ったところで年内目標の1万キロに到達。2008年12月17日に大阪を出発以来、大阪〜千葉、北米大陸、欧州と駆け抜けた陸上移動は1万キロに及び、ちょうど総陸上移動距離の半分で折り返し点を迎えた。

 残すはあと1万キロ。これまで走ってきたぶんと同じ距離を前に寛平は「これからまた半分。次の目標、目指すは大阪や!!! 色んなものを見て触れて、あと半分大阪のゴール目指して、アースマラソンを感じたいと思ってます」と力強い意気込み。ゴール地点の大阪に向け「みんな待っててや!!! ありがたや〜、ありがたや〜!!! これからも応援宜しくお願いします!」と完全走破を誓っていた。

 この2週間前、14日には同国・イスタンブールのボスポラス海峡を横断してアジアに突入したばかり。目標達成を受けこの日はいつもより早めにRUNを切り上げ、同地で年越しを迎える。次なる目標は14ヶ国目、イランだ。
 間寛平

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について