岡田将生、家族の反対押し切り役者の道へ 「認められて嬉しい」 日刊スポーツ映画大賞新人賞

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優・岡田将生が第22回日刊スポーツ映画大賞の新人賞を受賞し28日、都内ホテルで行われた授賞式に出席し、「もっと映画を好きになろう、お芝居ももっと頑張ろうと思いました」と喜びを語った。また、授賞式後に取材に応じた岡田は、「最初、(俳優になることを)家族に反対されていた。このような形で認められて嬉しい」と秘めた思いを打ち明け、黒澤明監督の絵コンテをレリーフにした表彰盾は「今は、応援してくれている父と母のいる実家に飾っておきたい」と話した。

 岡田は髪の毛の左半分を金髪にした奇抜なヘアスタイルで授賞式に臨み、「撮影の仕事のためだが、自分の趣味も多少含まれている」と照れ笑い。『僕の初恋を君に捧ぐ』『重力ピエロ』『ホノカアボーイ』など主役級で出演した作品が次々と公開され、「透明感があり、生き生きした演技を見せた」「女の子のハートをわしづかみにした」などと高評価を得た。大活躍の一年を振り返った岡田は、「やっとスタート地点に立てたと思っている。初心を忘れないように、作品に向き合って、今年より来年はもっと頑張る」と気を引き締めていた。

◆09年の映画シーン総括! ヒット作とヒットメーカーを探る

【映画特集インタビューページ】
◆岡田将生、井上真央を「好きになっていました」!?フォトギャラリー
◆西川美和監督インタビュー、映画『ディア・ドクター』制作秘話



 松たか子森繁久彌

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について