小向美奈子「踊り子としてがんばりたい」、芸能活動の未練は明言避ける

小向美奈子 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

小向美奈子 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 1月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役1年6か月(執行猶予3年)の判決を受けた元グラビアタレントの小向美奈子が29日、都内で告白自叙伝『いっぱい、ごめんネ。』発売記念サイン会を行なった。イベント前に報道陣のインタビューに応じた小向は「これからは踊り子として頑張りたい」とファンに謝罪の弁を述べつつ、決意新た。芸能界への未練を聞かれると「ないのかな…わからない」と神妙な面持ちで明言は避けたが、「とりあえず踊り子として舞台に上がれて、認められるのが先かな」と人生の再出発へ意欲を語った。

 逮捕による拘置所での生活や今年6月に東京・浅草ロック座でストリッパーとして舞台に立った思いをはじめ、小学6年生からの喫煙、過去の男性遍歴など24年の人生を赤裸々に綴った同書。小向は「人に左右されやすい性格で、凄く弱いところがあって、今回の事件になったので、自分を強くしようと思った」と執筆に至った理由を明かした。

 過去の過ちを思い出しながら臨んだ作業は「辛いこともあった」と振り返りつつ「けれど、思い出さなきゃいけないと思った。自分を変えるために、繰り返さないために」。また酒井法子被告や押尾学被告といった昨今の芸能界の薬物問題に「無くなって欲しいと思います」と言葉少なめに、その神妙な思いを語った。

 肩書きを踊り子として再出発を果たすことになった小向は「いろんな人から憧れるようなかっこいい踊り子になりたい」と意気込む。小向の個人事務所によると、現在踊りのレッスンやトレーニング中心の生活で、当面は芸能活動は自粛する構えという。またロック座での年末年始公演に向けていろいろと調整中ということも明かされた。

 ファンに向けて小向は「謝っても謝りきれない。家族やお世話になった人に対して、自分がこうなってしまってごめんなさい」と平謝り。今後は「間違えのない人生、人の役に立つようなことをやりたい」と訴えていた。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について