元刑事の歌手・中谷満男、東京初お披露目ライブはガチガチで後ずさり

東京初お披露目ライブでデビュー曲「浪花刑事ブルース」を披露した中谷満男(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

東京初お披露目ライブでデビュー曲「浪花刑事ブルース」を披露した中谷満男(C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 秋元康がプロデュースを手掛け、元刑事という肩書きを持つ62歳の新人歌手・中谷満男が22日、東京・台場で東京初お披露目ライブを行った。デビュー曲「浪花刑事ブルース」を渋い歌声で披露した“なかやん”こと中谷は「こんな素敵なステージで、初めて東京で歌うのは光栄ですし、緊張しております」と思わず後ずさり。ガチガチの東京進出となった。

 これまでに数々の強盗・殺人などの凶悪犯罪を解決してきた元大阪府警捜査一係の敏腕刑事の中谷はこの日、すでに地元大阪ではライブを経験しているものの、少し強張った表情で登場。第二の人生を歌手として歩み始め「同世代の方で夢を追い続けておられる人や、全国で安全面に活躍している刑事の応援歌として歌っていきたい」と呼びかけた。

 中谷は50歳以上を対象にした歌手オーディションで見事合格したことがきっかけで、秋元康プロデュースで歌手デビューを果たした。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について