「TSUTAYA」もPB展開、レコード会社と合同で999円CDを60作発売

■その他の写真ニュースはこちら

 「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブは19日、レコード会社2社と組んで12月4日からプライベートブランド(PB)の自主企画CDを発売すると発表した。第1弾ではカーペンターズスティービー・ワンダーなど洋楽アーティストのベスト盤60タイトルが1枚999円で発売。各作品の曲数も大半の作品が16〜20曲というボリュームで、昨今のPB戦略同様にお買い得感をあおる。

 レコード会社は、ユニバーサルミュージックとビクターエンタテインメントで、『ザ・ベストバリュー999』という新たなPBを展開。それぞれ所属アーティストのベスト盤を新たなブランドから発売していく。同社は「TSUTAYA独占で販売することにより、近年レコードメーカーが直面している初回出荷数の低迷を解決、全国津々浦々への商品提供の強化を実現しました。レコードメーカーと小売がお互いの課題を一緒に解決することによって、エンターテイメント業界全体の強化、そして、幅広い年齢層の購買力の強化と集客力アップを図ることも可能になります」と説明している。

 なお、今後は、邦楽アーティストでのTSUTAYA独占のプライベートブランド商品の販売も予定している。


 カーペンターズスティービー・ワンダー



CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について