広末涼子、中谷美紀は「かっこいい」と尊敬のまなざし

広末涼子、中谷美紀 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

広末涼子、中谷美紀 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優の広末涼子中谷美紀木村多江らが14日、都内で行なわれたミステリー映画『ゼロの焦点』の初日舞台あいさつに登壇。「愛する人の全てを知ってますか?」という同作のキャッチコピーにちなみ、広末は「最終的にお互いを知っていければいいかなと思う」と持論を展開。一方、中谷が「広末さんの思う境地にいけたらと思うけど、どこかで全てを知ってしまうことや知られることに恐れを感じるかも」と語ると、思わず広末は「かっこいい」と尊敬のまなざしを送った。

 松本清張生誕100周年記念作品として約48年ぶりに映画化された同作は、失踪した夫(西島秀俊)を探す妻・鵜原禎子(広末)が、夫の秘密に迫るにつれて関係者が次々に殺されていくというミステリー。全客席が埋まった絶景に広末は「女性の幸せや人間の葛藤など、人間ドラマを堪能していただけると思う」と感無量な表情をみせた。

 撮影を改めて振り返った広末は「物語の順番どおりには撮れず、最初に中谷さんとのラストシーンを撮ったり、西島さんとも初対面にも関わらず入浴。役作りどころか背中を押される現場でした」と時折顔を赤らめ、場内の笑いを誘った。

 また、冒頭のキャッチコピーの投げかけに木村は「涼子ちゃんの言ったことを目指したいなと思うけど、目指せないかな」と首傾げに語るなど、女優陣の見解は三者三様で微妙に焦点が合わなかった。

 会場にはイメージカラーの赤のツリーが登場し、広末が「O(ゼロ)」を象ったモチーフを取り付け、一足早くクリスマス気分を味わっていた。


 広末涼子

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について