鳩山幸首相夫人がサプライズ登場 福田麻由子に花束プレゼント

鳩山幸首相夫人 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

鳩山幸首相夫人 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 鳩山幸首相夫人が11日、都内で行われた映画『マイマイ新子と千年の魔法』の試写会イベントにサプライズゲストとして出席し、主人公の声を務める女優・福田麻由子に花束をプレゼントした。すでに同作を2回鑑賞したという鳩山夫人は、「私も生傷の絶えない子供時代を過ごしましたから、自分を見ているようなところもありました。子供の力を見させてもらいました」と饒舌に作品の感想を語った。

 芥川賞作家・高樹のぶ子の自伝的小説『マイマイ新子』を映画化した同作は、昭和30年代の山口県を舞台に、主人公・新子が豊かな自然の中で仲間たちと成長していく様子が描かれる。また、高樹は“山口ふるさと大使”に、新子も“山口ふるさと特別大使”にそれぞれ就任し、アニメーションを通じて山口県の地域活性化や町おこしのためPRに努めている。

 主人公・新子の声を務める福田は、ステージ上で「この時代のことは全然知らないけれど、友達と一緒にいると何でもできちゃうところとか、なんで友達のことってこんなに好きになれるんだろうっていうところは今も昔も変わらないんだなぁって見ていて思いました」とあいさつ。過去に“山口ふるさと大使”に選ばれた松村邦洋も応援に駆けつけ、「山口がこんなにスポットを浴びている映画は初めて!」と興奮気味にビートたけしや麻生太郎元首相などのモノマネを繰り広げ、会場を盛り上げた。

 「7月に豪雨災害で大きな被害を受けた山口県防府市にエールを送りたい」という想いからゲストとして出席した鳩山夫人は、新子の母親役を務めた女優・本上まなみについて「お母さんの声がほんわかしていて、そこも楽しめました」と絶賛。この感想を聞いた本上も、「お母さん役を声優としてやるのは初めてだったので緊張したんですが・・・とても嬉しいです」と安堵の表情を浮かべ、出来栄えに手ごたえを感じている様子だった。

 イベントにはほかに片渕須直監督が出席。映画『マイマイ新子と千年の魔法』は14日(土)と15日(日)に山口県限定で先行上映され、21日(土)より全国で公開される。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について