川村ゆきえ、堂真理子アナが人気アニメ『鷹の爪』映画第3弾で声優初挑戦

川村ゆきえ (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

川村ゆきえ (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 グラビアアイドルの川村ゆきえが、人気FLASHアニメの映画版第3弾『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3』(来年1月16日公開)で声優に初挑戦することになり4日、都内で行われた公開アフレコ収録に参加した。不思議少女・ジュリエット役の川村は「小学校の卒業アルバムに『夢は声優』と書いていたのでかなって嬉しい。楽しんでやれました!」と喜んだ。また主題歌を48歳の歌姫として話題のスーザン・ボイルが務めることも発表された。

 作品は、間抜けな悪の秘密結社が世界征服を目指して様々な作戦を企てながら、失敗していく様子を描いたギャグコメディ。これまで、2006年4〜6月にテレビ朝日でアニメ番組としてオンエアされており、映画化は3度目。さまざまな企業とのコラボレーションも有名で、最近ではサントリーとのコラボCMで「この番組は、サントリーが提供しません」というナレーションとテロップが流れ、異色の内容として話題を呼んだ。

 劇中同様のコスプレ衣装で登場した川村は「(役柄や衣装は)私の雰囲気は何1つないですが、そのぶん役になりきれたと思う。それにしても、グラビアより声優の方が恥ずかしいですね…」と夢をかなえたが故の感想をポロリ。一緒に参加したお笑いタレント・もう中学生はネタを交えながらのセリフを披露した。

 2人と同じくテレビ朝日・堂真理子アナウンサーも声優初挑戦。FROGMAN監督が「(声優ぶりは)良かったが…テレビ朝日も製作委員会に入ってるから出演させないとね〜」と“大人の事情”を匂わせながら笑いを誘っていた。また、本人役で出演する板東英二はスケジュールの都合で欠席した。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について