大河ドラマ主役の妻夫木聡&福山雅治がバトンタッチ

現NHK大河ドラマ『天地人』の妻夫木聡(右)から、次期『龍馬伝』の福山雅治(左)へ主役のバトンタッチ (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

現NHK大河ドラマ『天地人』の妻夫木聡(右)から、次期『龍馬伝』の福山雅治(左)へ主役のバトンタッチ (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 現在放送中のNHK大河ドラマ『天地人』の主人公・直江兼続を演じる妻夫木聡と、来年の同ドラマ『龍馬伝』で主人公・坂本龍馬を演じる福山雅治が28日、東京・渋谷の同局内で行われたバトンタッチ式に出席し、エールを交換した。妻夫木は「僕自身、かけがえのない時間をもらったと思う」と1年以上にも及んだ撮影を振り返り、福山は「撮影の流れにのれば、あっという間かもしれないけど、1年間、始まるんだなと実感しています」と気を引き締めた。

 すでに全撮影を終えた妻夫木は、スーツ姿で登場し「1年2か月くらい通い続けてきた所に久しぶりに来たけど、アウェーな感じがする」と、『龍馬伝』の雰囲気漂うスタジオを目の当たりにして苦笑い。また福山へ向けて「たまにまとまった休みがあるんで、スタッフの人と企画して、ボーリング大会とか、羽目を外す機会があってもいいかなと思う」とアドバイスを送った。

 今月5日に広島県福山市でのロケでクランクインを果たし、27日からスタジオ撮影に入った福山は、妻夫木の助言を受け「さっそくボーリング大会をやりたいので、スケジュールの方、お願いします。スタッフとの“飲み”も大切ですね。僕も自然体でできるように頑張りたいです」と時折笑みをこぼしながら、和気あいあいの様子で交流を深めた。

 恒例となっているそれぞれのドラマの舞台となる地域の名産品交換では、妻夫木が山形県特産のブランド牛・米沢牛を贈呈。福山からは高知県産の「新高梨」と水晶文旦、さらに高知県のイメージキャラクター・くろしおくんのぬいぐるみが贈られた。

 戦国時代に上杉景勝の家臣でありながらも、最も恐れられていた直江兼続の生涯を描いたNHK大河ドラマ『天地人』は「大阪城炎上」(11月15日放送)などの激しいクライマックスシーンを経て11月22日に最終回を迎える。幕末屈指の経済人である岩崎弥太郎の視線から風雲児・龍馬を描くオリジナル作品の『龍馬伝』は2010年1月3日より放送開始。

◆妻夫木らイケメン4人衆が出演!
資生堂uno『妻夫木×瑛太×小栗×春馬が豪華共演!オシャレな新CMをチェック☆』



 福山雅治

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について