第1回『ドラマティック・サヨナラ賞』 受賞選手に巨人・亀井&千葉ロッテ・井口

第1回『ドラマティック・サヨナラ賞』、セ・リーグ代表に選ばれた巨人の亀井義行選手  [拡大する]

第1回『ドラマティック・サヨナラ賞』、セ・リーグ代表に選ばれた巨人の亀井義行選手 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 プロ野球のセパ両リーグが今シーズンより第三者公式表彰として制定した「スカパー! ドラマティック・サヨナラ賞」が27日、NPB(日本野球機構)より発表され、セ・リーグでは巨人の亀井義行選手、パ・リーグでは千葉ロッテの井口資仁選手が第1回受賞選手に選ばれた。

 そのシーズンのペナントレースで最もインパクトのあるサヨナラホームランおよびヒットを打った打者に贈られる同賞。

 亀井選手のなかで印象深いとされたのは、4月25日の対中日戦(東京ドーム)で2点ビハインドをひっくり返した“代打逆転サヨナラ3ラン”だった。一方の井口選手は4月16日の対東北楽天戦(千葉マリン)での、前打者が敬遠された直後の“サヨナラ満塁ホームラン”が評価された。

 両選手の放ったこれらのアーチは、それぞれ今シーズン(ペナントレース)両リーグを通じて唯一の“代打逆転サヨナラ弾”および“サヨナラ満塁弾”となり、文字通りドラマティックな一打となった。

 なお受賞選手にはトロフィーと賞金200万円が授与される。また同賞の表彰式は11月25日(水)に東京ドームホテルで行われる。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について