ダンテ・カーヴァー、日本語台本を「100回以上練習した」と苦笑い

ダンテ・カーヴァー (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

ダンテ・カーヴァー (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優のダンテ・カーヴァー川村陽介、大森寿美男監督が20日、都内で行われた第22回東京国際映画祭の特別招待作品『風が強く吹いている』の舞台あいさつに登壇。同作で“日本人よりも美しい日本語を話す”アフリカからの国費留学生役を務めるダンテは「日本語のセリフを覚えるのは正直、本当に大変でした。カメラの前でセリフを言う前には、最低(そのセリフを)100回は練習する必要があった」と撮影を苦笑いで振り返った。

 海外からの観客も多数来場した会場に向け、川村は「グッドイブニングエブリワン」と得意げにあいさつ。長距離走が苦手だったといい、撮影前には「長距離出来んのかなって思った。長く走るの苦手だし、遅いし、走りのシーンを撮りきるまで、監督のOKを聞くまでずっと不安だった」。大森監督は海外からの来場者に「駅伝は日本独特の文化だと思う。日本人のソウルが生み出した競技の魅力を海外のお客さんに伝えられたら」と熱く語っていた。

 小説家・三浦しをんの同名小説を原作に、10人の若者たちが箱根駅伝を目指し成長していく姿を描いた同作。10人のランナーがタスキをつないで東京〜箱根間を往復する箱根駅伝本戦をリアルに再現した映画『風が強く吹いている』は10月31日(土)より全国公開。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について