新選組リアン、京都・世界遺産バックのお披露目ライブに8000人

新選組リアン (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

新選組リアン (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真はこちら

 お笑いタレント・島田紳助が司会を務めるバラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)内のプロジェクトで誕生した5人組アイドルユニット・新選組リアンが14日、世界遺産に登録されている京都・教王護国寺(東寺)でデビューシングル「男道」の発売記念お披露目イベントを行った。五重塔をバックに熱唱したリーダーの森公平は「感激、感謝の一言です」と思わず感涙する一幕もあり、集まったファン8000人を熱狂させた。

 島田が出身地・京都の観光人気を復活させたいという思いから発足した“平成の新選組プロジェクト”で、京都及び近郊の2518人の中から選ばれた現役大学生の森公平、榊原徹士、山口純、関義哉、國定拓弥からなる同ユニット。島田から踊れずダメ出しを受けていた山口は「踊りが失敗しないか、緊張しました」と胸をなでおろして白い歯をこぼした。

 過去に同所でLive Earth(ライブアース)によるイベントが開催されたが、今回は初めて駐車場に特設ステージを設置し、史上最大規模でイベントを実施。途中、雨が降り出すあいにくの空模様となったが、黄色い歓声は止まず、5人も熱いパフォーマンスで精一杯応えていた。

 ライブ終了後には報道陣向けのインタビューがステージ上で予定されていたが、ファンの混乱を防ぐために急遽中止となり、さらにメンバーを出待ちするファンの姿も多く見られるなど京都が誇る世界遺産はリアンフィーバーの熱気で溢れていた。

 新選組リアンはお披露目ライブを皮切りに、東京・池袋サンシャインシティ、神奈川・ラゾーナ川崎、愛知・名古屋駅前、大阪・心斎橋BIGSTEPにてデビューイベントを展開していく。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について