三宅裕司、SET創立30周年記念公演で“本音”をポロリ…

三宅裕司 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

三宅裕司 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の三宅裕司が7日、座長を務める劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』の創立30周年記念公演『ステルスボーイ』(10月17日〜11月1日 東京芸術劇場)の公開稽古を都内で行った。三宅は「借金もあったけど座長の金使いの良さで残れました!」とギャグを交えつつ「やることは変わらない。変わったと言えば、体力が落ちたことだね…」と苦笑した。

 節目となる今回も小倉久寛や“ヌーブラ”を使ったネタでプチブレイクしたお笑いコンビ・モエヤンら劇団員を率いる三宅は「どこを取っても面白い。我々のスタイルをきっちりとやれてる!」と話す一方、座長としては「芝居が長くなっているので、どこを切ればいいのか悩んでる…」とも。

 そんななか、この日の稽古でプロレスネタのアドリブを披露した小倉には「1つだけといったのに、全部やっちゃった」と早くもカットの対象候補として挙げた上で「昔は私の実家でご飯や泊まったりして(三宅の)実母からは『いつまで裕司につきまとってるの?』って怒られてたんですよ」と昔話に花を咲かせていた。

 “ヌーブラヤッホー!”のギャグで有名になったモエヤンの2人は今回、アイドル役で出演。「外で修行して、売れたらいい役をつけると約束していた」と三宅が明かすと、池辺愛は「毎日がヤッホーな日々です!」と笑顔。久保いろはは「舞台でも(ヌーブラネタは)封印です」と強烈な印象を残したキャラからのイメージチェンジを図っていた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について