武田真治、主演映画の初日舞台あいさつで大はしゃぎ

映画『今日からヒットマン』の公開初日舞台あいさつに出席した武田真治(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

映画『今日からヒットマン』の公開初日舞台あいさつに出席した武田真治(C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 人気アクション漫画を実写映画化した『今日からヒットマン』が26日、公開初日を迎え、都内の劇場で主演の俳優・武田真治ほか主要キャスト、横井健司監督による舞台あいさつが行われた。武田は開口一番、大声を出して「本当に面白い作品ができた」と喜びを爆発させ、ほかの登壇者のあいさつにもひと言、ふた言付け加えてしゃべりまくり、「パート2、パート3を作りたい」と意気込んだ。

 ハイテンションの武田は満員の客席を見渡し、「スカスカだったらどうしようかと思っていたからうれしくて。僕そんなにスターじゃないですし・・・」と弁解。すかさず共演のグラビアアイドル・森下悠里が「大スターですよ」とフォローすると、観客も拍手で賛同したため、武田はさらに上機嫌に。

 劇中で夫婦を演じた女優・星野真里について「エプロン姿にやられました。エプロンをした女性を間近で見るのは20年前、上京する前のおふくろ以来だったので、テンション上がっちゃって」と調子づくと、客席から「オヤジ・・・」と突っ込まれる場面もあった。

 星野は「(役柄は)夫が知らないところで人を殺していることにまったく気づかない奥さん。でも、おおらかでいるほうが、妻は務まるのかなと思いながら演じました」と話し、森下は「演じて楽しかった。女性も楽しめる作品です」とアピールした。ほかにキャストの黄川田将也深水元基が登壇した。

 原作の漫画家・むとうひろしによる同名漫画は『週刊漫画ゴラク』にて現在も連載中。映画では、普通のサラリーマンが、ヒットマン“二丁”の二代目を継ぐことになったいきさつから、突然、裏社会との二重生活を強いられた主人公・十吉の戸惑いなども丁寧に描く。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について