武田真治、森下悠里のセクシー水着姿を直視できず

(左から)武田真治、森下悠里 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

(左から)武田真治、森下悠里 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優でミュージシャンの武田真治が14日、都内で行われた主演映画『今日からヒットマン』(横井健司監督)の完成披露試写会で舞台あいさつに登壇。ヒロインを演じたグラビアアイドル・森下悠里から「ずっと憧れていて、すごく優しい方でした」と見つめられると「僕はスタイリッシュでかっこよくて優しいんです」と大きな声を出して照れ隠し。森下がセクシーなビキニ姿で現れると目のやり場に困っているようだった。

 「ついに僕より年下の役者ばかりになってしまった」と今回の撮影現場を振り返った武田は「ボコボコにされ、やりがいがあったというよりやられがいがありました。新境地に自分なりに達せた」とアクションシーンに満足げ。新境地といえば同作で自身初となるエンディングテーマ曲の作曲・編曲・演奏も手がけ、サラリーマンへのエールを込め「精一杯かっこいい曲を作ってみました」とこの日の舞台でサックスの生演奏を披露。「1回で終わるのはもったいないので、パート2をぜひ作ってください」と横井監督に直訴した。

 作品は『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で連載中のむとうひろし原作の同名コミックを映画化。ひょんなことから伝説のヒットマン“二丁”の名を継ぐことになってしまった平凡なサラリーマンが、愛する新妻の命がかかった絶体絶命の大ピンチに、営業マンとして培った気転と得意の話術、即席で得た銃の知識だけで闘いに挑むアクションコメディ。星野真理、黄川田将也、津田寛治らが共演。9月26日(土)より東京・銀座シネパトスほかで公開。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について