熱愛報道渦中の松ケンと小雪、一定距離キープで交際語らず

映画『カムイ外伝』プレミアイベントに出席した(前列左から)小雪、崔洋一監督、松山ケンイチ(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

映画『カムイ外伝』プレミアイベントに出席した(前列左から)小雪、崔洋一監督、松山ケンイチ(C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の松山ケンイチ小雪が13日、東京・新宿で行われた主演映画『カムイ外伝』プレミアイベントに出席。今年4月に熱愛報道があり、先日も一部週刊誌で3連泊やジム通いデートを報じられた松山と小雪は、会場に敷かれたレッドカーペットを間隔をあけて歩くなど常に一定距離をキープし、交際については特に語らなかった。

 この日開催された東京・新宿区文化事業プロジェクトとして今年から発足した映画祭『シネ・フェスタ新宿』の第1回作品に同映画が選出。新宿通りには全長70mのレッドカーペットが敷かれ、警備員やスタッフ合計200人が配備される中、キャストや監督が集結した。

 同通りにレッドカーペットが敷かれるのは初めてで、ファン5,000人が詰め掛ける熱狂ぶり。松山は「長い撮影で必死に撮りました。その必死さがスクリーン全面に出てると思う」と呼びかけた。また同ステージ退場時には松山が小雪を誘導する仕草をみせ、唯一急接近したが、親密ぶりまではうかがえなかった。

 場所を一転して行った舞台あいさつで、小雪は「初めての挑戦だったアクションも含めて苦しかったけど、勉強になる点が多くてとても幸せに思う」と撮影を振り返る。松山も長期に及んだ収録ということもあり「凄く説得力のあるキャラクターになっている」と自信をのぞかせた。

 会場には雀洋一監督、共演者の小林薫大後寿々花イーキン・チェン金井勇太芦名星のほか、主題歌「Alive」を歌う倖田來未も出席。漫画家・白土三平氏の同名原作を初実写化し、孤独に生き抜いていく忍者を描いた大活劇『カムイ外伝』は9月19日(土)より公開。


 倖田來未

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について