舞台上でクルクルと回転!? 天然・上野樹里の“暴走”に岸谷監督も苦笑い

上野樹里(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

上野樹里(C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の岸谷五朗が初監督を務めた映画『キラー・ヴァージンロード』の初日舞台あいさつが12日、都内で行われ、主演の女優・上野樹里らが登壇した。感謝の気持ちを込めて岸谷にバラの花束を渡した上野だったが、岸谷の手を取るや、ステージ上でクルクルと回りだすという天然ぶりを爆発。岸谷が「そういうのはやる前に言ってね」と苦笑いしつつ優しくたしなめるなど、会場は和やかなムードに包まれた。

 上野演じる“結婚したい女”と木村佳乃演じる“死にたい女”のおかしな逃亡劇と奇妙な友情を描いた同作。2人が劇中で魅せるさまざまな表情を振り返り、岸谷は「振り切っていて凄い!」と大絶賛。しかし木村は「振り切ったつもりはない」、上野も「普通だよね?」とあっけらかんと語るなど女優としての底力を見せ、岸谷をたじろがせた。

 アパートの大家という役柄で出演した俳優・寺脇康文の起用理由について岸谷は、「『相棒』では(かっこいい系の)間違った方向に行ってたので、きちんとした“本当の寺脇康文”の凄さを表すのは俺しかいないと思って」と自信をのぞかせるなど“名コンビ”ぶりは健在。寺脇も「五朗の映画でなければやってないです。愛の力というか……暴力ですね! 出なきゃ殴られる」と笑わせ、仲の良さをうかがわせていた。

 舞台あいさつには、ほかに小出恵介、福田彩乃が出席。

◆上野樹里×岸谷五朗 『映画『キラー〜』の製作は大きないたずら心から始まった』


 上野樹里

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について