柴咲コウ主演で超豪華キャスト集結!三谷脚本のSPドラマで“昭和”描く

八女家・長女、政子役の柴咲コウ (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

八女家・長女、政子役の柴咲コウ (C)ORICON DD inc. 

■出演者のコメント全文

 フジテレビが9日、開局50周年企画のトリを飾るスペシャルドラマ『わが家の歴史』を、2010年春に3夜連続で放送することを発表した。脚本は三谷幸喜が手掛け、キャストには、主演の柴咲コウを筆頭に、佐藤浩市松本潤佐藤隆太堀北真希榮倉奈々長澤まさみ大泉洋天海祐希富司純子西田敏行、というゴールデンタイムの連ドラ主役級が一堂に会し、大家族を演じる。初の三谷作品となる柴咲は「三谷さんの作品は常に濃い。ウハウハせずに、良い意味で作品に飲まれ乗っかることができたらいいと思っています」と気合十分だ。

 同作は構想4年、放送まで足かけ5年というフジテレビが総力を挙げて制作する史上最強のスペシャルドラマ。テーマは、ズバリ「家族」。昭和2年から昭和39年までの激動の時代を、底抜けの明るさとバイタリティで生き抜いたある家族の物語を笑いと感動を満載で描く。脚本を執筆した三谷は「家族ドラマも昭和の戦後史も初めてのテーマだったので、書くのにとても骨が折れましたが、テレビドラマの要素のすべてを詰め込んでみました。まさに50周年にふさわしいドラマになったと自負しています」と確かな手ごたえを感じている様子。

 同作の軸となる八女(やめ)一家は、両親役を西田と富司が務め、その娘と息子役に柴咲、松本、佐藤、堀北、榮倉という、まさに“最強家族”。そんな八女家の目線から、第二次世界大戦、安保闘争、東京オリンピックなど、実際に起きた昭和史を代表する歴史的な出来事・事件を振り返る。

 三谷作品初出演となる松本は「日本の活気があった時代を三谷さんの独特のタッチで描く今作の出来上がりが楽しみです」とコメント。さらに八女一家の次女と三女である堀北と榮倉も「昭和という時代と、温かい家族の中で大人になっていく波子を演じさせていただくことを楽しみにしています」(堀北)、「初めての経験となる事がたくさん待っていると思いますが、楽しみながら精一杯取り組ませていただきたいです」と、それぞれ出演出来る喜びを明かしている。

 さらに同作には、吉田茂、美空ひばり、手塚治虫、力道山など、昭和を駆け抜けた実在の“時代の寵児”たちが20人以上登場。この著名人たちを演じるゲスト陣も驚きの豪華キャストを準備中だという。撮影は本日10日よりスタートし、12月までの約3か月をかけて収録。昭和の風景を求め、上海をはじめ、九州ほか国内各地でもロケを行っていく。


ドラマ『わが家の歴史』 スタッフ&キャストコメント一覧


名前(役名) コメント
三谷幸喜
(脚本)
僕にとっては、家族ドラマも昭和の戦後史も初めてのテーマだったので、書くのにとても骨が折れましたが、僕にしか書けない作品になったと思います。この長い物語の中に、笑い、涙、ロマンス、家族愛にサスペンスと、テレビドラマの要素のすべてを詰め込んでみました。まさに50周年にふさわしいドラマになったと自負しています。キャストも信じられないくらい豪華。これほど現場を見学に行くのが楽しみな作品はありません。
柴咲コウ
(八女家・長女、
政子役)
三谷さんの作品は常に濃い。今回はそれに関われることになりましたが、ウハウハせずに、良い意味で作品に飲まれ乗っかることができたらいいと思っています。脚本には、読んだだけでは分からない空間がすでに存在していて、それが現場で形になってゆくのだろう、と思い描いています。今回の役・政子に関して今思うことは、自分に弟妹がいたら自分もこういうタイプ(世話役)かな、と共感するところがあります。ただ、政子の根の明るさや強さは、見習いたい点です。役を通じてそういった点を学んでいけたらいいなと思います。
松本潤
(八女家・長男、
義男役)
豪華なプロジェクトに参加できることを嬉しく思います。日本の活気があった時代を三谷さんの独特のタッチで描く今作の出来上がりが楽しみです。僕自身は“どうするか”ではなく、“何ができるか”を考えて撮影に臨みたいと思います。素敵なキャストの皆さんと一緒に現場に入れるのが今から楽しみです!
佐藤隆太
(八女家・次男、
宗男役)
ずっと憧れ続けていた、大学の大先輩にあたる三谷さんの作品に参加できることを大変光栄に思っています!素晴らしい共演者の皆さんの中でお芝居をできる事を思い切り楽しみながら、イキイキとした次男坊を演じたいと思います!!
堀北真希
(八女家・次女、
波子役)
昭和という時代と、温かい家族の中で大人になっていく波子を演じさせていただくことを楽しみにしています。波子が様々な経験を通して成長していくように、私もこの作品を通して、たくさんのことを感じ、学べるように精一杯頑張りたいと思います。
榮倉奈々
(八女家・三女、
房子役)
お話をいただいた時から、現場に入るのが楽しみでなりません。初めての経験となる事がたくさん待っていると思いますが、楽しみながら精一杯取り組ませていただきたいです。
長澤まさみ
(義男の恋人、
一ノ瀬ゆかり役)
三谷ファミリーに入れてとてもうれしいです。脚本を読んで、終始、驚きと笑いと感動が絶えない愛のある作品だと思いました。波瀾万丈なゆかりの一生を、一生懸命演じられればと思います。
大泉洋
(一家の幼なじみ、
つるちゃん役)
大学時代、北海道で演劇に打ち込んでいた自分にとって、三谷幸喜という人物はとんでもない憧れの人でした。今でも何か信じられない感じでして、演劇青年だった大学生の私に、よかったねと言ってあげたい気持ちです。台本を読んで、その面白さに更に感動いたしました。頑張ります!




 柴咲コウRUI(柴咲コウ)星泉(長澤まさみ)大泉洋 with STARDUST REVUE西田敏行西田夢蔵(西田敏行)

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について