松たか子も駆けつけ 『ヴィヨンの妻』根岸監督が凱旋会見

(左から)浅野忠信、最優秀監督賞を受賞した根岸吉太郎監督、松たか子 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

(左から)浅野忠信、最優秀監督賞を受賞した根岸吉太郎監督、松たか子 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 第33回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で最優秀監督賞を受賞した日本映画『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の根岸吉太郎監督が9日、カナダから帰国。その足で主演俳優・浅野忠信とともに都内で凱旋会見を行った。主演女優・松たか子も花束を携え、会見に駆けつけるなか、根岸監督は「日本映画に波が来ている」と現地での反響などを報告した。

 今回、現地に同行しなかった松は「すぐ調子に乗ってしまうので、伝え聞くくらいがちょうどよかった。アジアの一女優として、見てもらえてうれしいし、励みになります」と喜びを語った。

 現地時間7日夜の授賞式後に祝杯を挙げた席には、同映画祭のコンペティション部門で審査員を務めた俳優で映画監督の奥田瑛二も合流し、浅野の演技を絶賛していたという。浅野自身も「俳優としての新しい自分を発見できた」と同作への特別な思いを語り、「現地でいろいろ褒められて妙な自信が沸いてきた」と笑顔を見せていた。

 今回の受賞について根岸監督は、昨年同映画祭でグランプリを獲得した「『おくりびと』(滝田洋二郎 監督)の延長線上にある」と分析し、「心の拠り所やあり方を世界中が探している混沌した今の時代に、東洋的なもの、日本的なものへの関心が高まっているとは感じていたが、これほどはっきりと受け入れられるとは思っていなかった。ラッキーだった」と話した。また、「個人賞だがスタッフワークの勝利」と関係者をねぎらった。

 原作は今年生誕100周年を迎えた太宰治 の短編で、時代設定は日本の戦後の混乱期。酒飲みで浮気を繰り返す亭主とそれを献身的に支える妻の夫婦の物語には「普遍性がある」と根岸監督。「自分たちの人生を含めて考え直すきっかけになれば」と作品に込めた思いを語っていた。


 松たか子

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について