酒井被告余波…引責人事で元事務所会長が辞任 社長は降格

サンミュージックの相澤秀禎会長 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

サンミュージックの相澤秀禎会長 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 女優・酒井法子被告の覚せい剤取締法違反事件を受け、元所属事務所・サンミュージックプロダクション代表取締役会長・相澤秀禎氏が会長職を辞任、1日付で代表権のない取締役相談役へ退いた。同日付で相澤正久社長も代表取締役副社長へ降格となった。後任社長は特に置かず信用の回復に務める。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について