山口もえ、野菜づくりは「子育てと似てる」と実感

山口もえ (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

山口もえ (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントで野菜ソムリエの山口もえが“野菜の日”の8月31日、都内で行われたイベント『ベジフルワンダーランド 〜農業を知ろう! 野菜を知ろう!〜』のトークショーに出席した。雑誌『美人百花』の企画で、畑で1からの野菜づくりに挑戦した山口は、「お野菜を育てることは子育てと似てるところがあるな〜ってつくづく思いました」と母親ならではの感想を述べた。

 日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が「野菜や果物の魅力を再確認する日」として“野菜の日”に行い、今年で開催4回目を迎える同イベント。ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスターの資格を持つ山口は、「この資格を取ってからどんな野菜がいいのか聞かれるので、『旬のお野菜を摂ること』って言ってる」と語り、「スーパーに行ったら“山積み”されていて“大特価”って書いているものを手に取ることをオススメします」と野菜ソムリエとしてアドバイスした。

 山口は、「トマトを育てるのって実は子育てに似てる。可愛い子ほど甘やかして育てたくなっちゃうけど、美味しいトマトを育てるにはあまり水をあげちゃいけないんです!」と野菜づくりと子育てについて力説。また最近は娘とともに自宅のベランダでトマトを育てたといい、「究極の幸せって自給自足だと思ってるんです。自分で育てたものを自分でいただくって、すごく幸せだと思う」とすっかり野菜づくりの虜になっている様子だった。

 なお、同イベントに出席予定だった野菜ソムリエの王理恵は体調不良のため欠席した。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について