寺脇康文、“盟友”岸谷の初監督作品に 「役者人生賭けた」

(左から)寺脇康文と岸谷五朗監督 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

(左から)寺脇康文と岸谷五朗監督 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優・岸谷五朗の初監督作品『キラー・ヴァージンロード』の完成披露試写会が27日、都内で行われ、岸谷監督をはじめ出演者の上野樹里木村佳乃らが舞台あいさつに登壇した。そろって演劇ユニット「地球ゴージャス」を立ち上げるなど、岸谷監督と固い絆で結ばれる寺脇は、上野演じる沼尻ひろ子に誤って殺されてしまうという役どころに「今までのキャリアを捨て去るような役。普通だったらやっていない」としながらも、「役者人生を賭けました!」と力強くコメント。“盟友”の手がけた作品への思いをのぞかせた。

 同作は、殺人事件を起こしながらも「結婚したい女」と「死にたい女」が死体を隠しての逃避行を繰り広げるコメディー。上野は「どのシーンも岸谷さんのこだわり、アイデアが散りばめられている。絶叫マシンに乗ったような感覚で観て」とアピールし、共演の木村佳乃は「現場は居心地がよかった。監督の愛情を感じましたね」と岸谷監督の現場での心配りを絶賛した。

 寺脇をコメディタッチに演出した岸谷監督は「この人は日本一の俳優です」と持ち上げつつ「最近『相棒』っていう大ヒット作があって、かっこいい路線を気に入っていたので、本当の寺脇さんを爆発させてやろうと思った」としてやったりの笑み。これを受け、寺脇は「これで僕は(役者人生)終わります。もう誰も僕を使ってくれないでしょう」と自虐的に語り、笑いを誘った。

映画『キラー・ヴァージンロード』は9月12日(土)より公開。


 上野樹里

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について