ロンブー・亮、14年ぶり黒髪に「恥ずかしい!」を連発

トークライブで黒髪に変身したロンブー・田村亮  [拡大する]

トークライブで黒髪に変身したロンブー・田村亮 

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号が29日、東京・タワーレコード渋谷店でトークライブ『論論ブーツ』を開催した。先月のライブで田村亮のトレードマークである金髪について相方の田村淳が「おしゃれをしたいなら金髪を止めた方がいい」と提案していたことから、この日会場では「(亮は)金髪のままがいいか、黒髪にするべきか」というファン投票が行われた。その結果、14年ぶりに黒髪に変身した亮は、鏡を見て「恥ずかしい!」を連発。どうもしっくりこないという様子で、微妙な表情を浮かべていた。

 “テレビで見ることができない2人だけのトーク”をコンセプトに毎月開催される同イベント。オープニングトークで亮が「マイケル(・ジャクソンさん)が死んでしまいましたね」と悲しみの表情を浮かべると、すかさず淳が「僕の中では生き続けているし、実は死んでないんじゃないかと思う」と話し会場は追悼ムードに。イベントの最後にはマイケルさんの楽曲に乗せて、淳によるマイケルさんの似顔絵を中心に、集まったファン100人が色紙に寄せ書きした。

 また黒髪に変身した亮について淳は、「黒の方がいいよ。相方が金髪って俺恥ずかしい」と高評価。一方の亮は「子供には見せたことないからビックリするんちゃうかな」としつつも「なんか恥ずかしい」。当初は自分の黒髪姿に納得したら本当に染め直すと決意していたが、「トークライブの時は毎回黒髪にします」と宣言するのみにとどまった。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について