滝クリが本人役でアニメ出演 声優初挑戦には「普段の延長線上」と冷静

滝川クリステル(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

滝川クリステル(C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 フジテレビ系報道番組『ニュースJAPAN』で人気のキャスター・滝川クリステルが18日、自身が本人役としてアニメキャラクター化されるとともに、声優にも初挑戦するアニメ『東京マグニチュード8.0』(同局系)のアフレコ収録を都内で行った。マグニチュード8.0の大地震が発生した東京を描いた同作で、速報を伝えるキャスター役として収録に臨んだ滝川は「普段そういったことを想定して報道の訓練をしているので、その延長線上という感じで緊迫感を持ってやれた」と冷静に語った。

 文部科学省研究開発局の地震・防災研究課より「東京では今後30年以内に70%以上の確率でマグニチュード7以上の大地震が起きる可能性がある」と発表されているなか、制作された同作について滝川は「今、緊急地震速報などを報道する体制が整ってきています。これを観て今一度、備えに関心を持ってもらえたら」とアピールした。

 収録後、報道陣のインタビューで初めてアニメ化された自身のイラストを見た滝川は「特徴を捉えていて、似てると思う。さらに柔らかさが入って、不思議な感じ。もちろん満足です」とニッコリ。もし大地震が起こったら一番に持ち出すものについては「家族写真と、あと飼っている動物を持っていきたい」と語った。さらに、その状況ではまず誰の安否が気になるかと聞かれると「身近な家族と友達が最初に思い浮かびます」。続く「恋人は?」の問いには「まぁ、身近な人ってことでそれは」とはぐらかし、苦笑いを浮かべた。

 フジテレビ系のアニメ枠「ノイタミナ」ほかで7月から放送されるオリジナルアニメ『東京マグニチュード8.0』は7月9日(木)深夜24:45(初回放送は25:00)より放送開始。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について