「未来がある!」武田鉄矢、新たな“教え子”に森山未來を指名

NHK土曜ドラマ『リミット-刑事の現場2-』に出演する森山未來(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

NHK土曜ドラマ『リミット-刑事の現場2-』に出演する森山未來(C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の武田鉄矢、森山未來加藤あいが16日、東京・渋谷のNHKで同局ドラマ『リミット-刑事の現場2-』(7月11日 後9:00スタート)の試写会後に会見を行った。純粋で正義感の強い若手刑事役の森山に対し、武田は「いい青年。普段はモゴモゴ話すが本番になると言葉が直列になってパワーアップする。集中力が高い。ハリウッドでいうジェームス・ディーンが出現した時みたいな衝撃度だった。未來には未来がある!」とダジャレを交えながら絶賛した。

 事件解決には手段を選ばない一匹狼的な存在の刑事役を演じる武田は「被害者が加害者のいる留置場に行って殴ったり……民放ではできないし、相当、抗議がきそうなハードな内容」と作品を紹介。「でも、これはプロデューサーが『できるかな?』って試してる感じだったので、(森山と)『2人で跳ね返していこう!』って話してたんです」と警察、捜査などの“リミット”を自身らも極限まで熱演していることを強調した。

 さらに武田は、今作が連続ドラマ単独初主演となる森山がいたくお気に入りの様子で、かつて“坂本金八”として育てた“教え子”を引き合いに出し「彼を伸ばして“第2の上戸彩”にしようと思う」。饒舌は止まらず「本当になかなかやる、たいした若手。現場に行くとストーン!ってやれる子。お芝居のためなら何でも我慢できるし、何年かしたら大河ドラマの主役とかやるんでしょうね。期待しててください!」と大プッシュ。これには森山も「武田さんはお芝居に人柄がにじみ出ていると思います」と恐縮しっぱなしだった。

 なお、先週の一部写真誌で酒に酔った森山を女優・浅見れいなが介抱する2ショット写真が掲載された件について、会見終了後に報道陣が森山にコメントを求めたが、これにはノーコメントだった。


 武田鉄矢

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について