小栗旬が映画監督デビュー 俳優としては史上最年少

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の小栗旬が映画『SURELY SOMEDAY(シュアリー・サムデイ)』(仮称)で映画監督デビューすることが3日までにわかった。監督業に取り組む俳優は多いが、現在26歳である小栗の初挑戦は、俳優としては史上最年少となる。

 詳細はまだ明かされていないが、オリジナル脚本で、内容はイケメンをそろえた青春映画との情報もある。すでに出演者にもオファー済みで、今夏にもクランクインする。配給は松竹で、来年全国公開予定。

 小栗は以前から映画監督に興味を示しており、今春、公開された映画『クローズZERO II』にあわせて上映された館内マナーCMの演出も手掛けるなど、映画監督デビューに向けて着々と準備を進めていた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について